四日市再生「公害市民塾」

新しいホームページに移行したので、この掲示板を閉鎖します。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
63 / 85 ツリー ←次へ | 前へ→

【57】高度成長期の負の遺産 市民塾 01/10/21(日) 15:49

【57】高度成長期の負の遺産
 市民塾 E-MAILWEB  - 01/10/21(日) 15:49 -

引用なし
パスワード
   10月21日付の中日新聞に、四日市のコンビナートが相次ぐ有害物質の検出をしたことに関する記事を掲載した。いずれも外部への汚染はみられないということだが、公害を記録する会の話などを総合すると、果たして外部汚染はないと言い切れるかどうか非常に心配なところである。−[#54]を参照−
工場を建てかえるときなどに、検査してこれらの汚染がわかったということであるが、実際には、もっと早くから汚染の事実をつかんでいたのではないだろうかとも考えられる。市民に深刻な健康被害を及ぼした四日市公害の教訓は生きているのか、四日市公害が克服されたと言い切れるのか、あらためて考えたい。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)@10.16.35.10>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
63 / 85 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
30985
(SS)C-BOARD v3.8 is Free