四日市再生「公害市民塾」

新しいホームページに移行したので、この掲示板を閉鎖します。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
81 / 185 ←次へ | 前へ→

【106】Re:四日市ぜんそくの基になったのって
 市民塾  - 03/4/16(水) 18:54 -

引用なし
パスワード
   ▼学生さん:
>三重県四日市市のぜんそくについて調べています。
>どうして、戦後、四日市市はその場所にコンビナートを作ろうとしたのでしょうか。
>勿論市の発展にはつながる訳ですが、その場所でなければいけなかったという
>理由はあるのでしょうか。また、これらのコンビナートは三重県以外のどことどのように
>関係をもって、更に発展したのですか?

「四日市公害学習案内」の記録「公害」にある「出来事を追って」の中に次のように記してあります。参考にしてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
2.第2海軍燃料廠の建設

  * 1939年(昭14)、太平洋戦争を予定した海軍が、塩浜地区の水田などを強制的に買い上げ、1941年12月の開戦までに、日産原油処理能力2万6000バーレルの製油所を作った。
* このほか、陸軍は、1940年(昭15)に、四日市陸軍製緘支廠を作っている。

3.海軍燃料廠跡地の払い下げと、石油化学コンビナートの進出

  * 1945年(昭20)6月、米軍による空襲で海燃は炎上。戦後、焼け跡となっていた60万坪、200万平方メートルについて、国際石油資本、財界、政界、旧軍人などが入り乱れての争奪戦が繰り広げられ、'55年(昭30)3月、鳩山内閣の閣議了解として、四日市の海燃跡地は、『昭和石油と、将来、三菱グループとシェルグループによる石油化学が企業化されるときは、緊密な連携を図らしめるものとする』として、貸与、後に払い下げた。
* 徳山の第一回燃跡地は出光興産へ、岩国の陸燃跡地は、日本鉱業と三井グループへ払い下げも、同時に決められた。
578 hits
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.0.2) Gecko/20021120 Netsc...@cache5.cty-net.ne.jp>

【105】四日市ぜんそくの基になったのって 学生 03/4/16(水) 17:41
【106】Re:四日市ぜんそくの基になったのって 市民塾 03/4/16(水) 18:54
【107】Re:四日市ぜんそくの基になったのって 学生 03/4/17(木) 4:56
【108】Re:四日市ぜんそくの基になったのって 市民塾 03/4/20(日) 16:54

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
81 / 185 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
30963
(SS)C-BOARD v3.8 is Free