四日市再生「公害市民塾」

新しいホームページに移行したので、この掲示板を閉鎖します。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
112 / 185 ←次へ | 前へ→

【74】四日市公害の歴史と教訓を学ぶ集い
 市民塾 E-MAIL  - 02/3/16(土) 18:10 -

引用なし
パスワード
   2月25日、市民塾の代表から四日市市長に、次のように要請しました。

 今年の7月24日は、四日市ぜんそく訴訟の判決から数えて30年にあたります。
 公害が改善されてきたこととあいまって、四日市公害についての知識や思いは風化してきています。
 “温故知新”節目の年に、忘れ去ってはならないことがらについて、過去をふりかえり将来に思いをめぐらすことは、これまでの風習としてうけつがれてきております。
 公害訴訟は、公害患者と工場といった、単なる争いごとではなく、戦後の歴史のなかで大きな出来事として誌されていくものと思います。
 水俣病とともに、国内はもとより海外にまで知られている四日市ぜんそく(公害)について、市当局としても、歴史と教訓を学ぶことについてのてだてを実施されるようお願いいたします。

225 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461)@10.16.35.10>

【74】四日市公害の歴史と教訓を学ぶ集い 市民塾 02/3/16(土) 18:10

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
112 / 185 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
30985
(SS)C-BOARD v3.8 is Free